夏芽のネタ

なつめダイアリー

青の花茶には、バラフライピー以外にもさまざまな有効成分が含まれています

大企業の健保組合は約1400あり加入者は約2900万人。
保険料は企業と従業員が原則、折半している。
現役加入者への医療費だけでなく、65歳以 上の高齢者医療費にも多額の保険料を仕送りする仕組みが財政をむしばんでいる。
健保連によると17年度は全組合の7割で収支が赤字の見通しで、赤字額は合計3000億円超に達する見込みだ。
健保連が内々にまとめた試算では、25年度に協会けんぽの保険料率以上となる組合は380と全体の4分の1に上る。
同料率は協会けんぽが赤字にならないように設定する収支均衡保険料率と呼ぶもので、このラインを越えた健保組合は協会けんぽに移ったほうが料率が下がるため、解散の引き金になりやすい。
試算では、25年度には現役世代向けの支出が4兆4200億円と15年度と比べて17%増える一方、支援金の伸びはさらに大きく39%に達する。
実額では支援金は4兆5400億円まで膨らみ、この段階で組合員向けの医療 費を仕送り分が逆転する。
加入者の負担は増加の一途だ。
保険料率は15年度の平均9%から25年度に同11.8%に急上昇する見通し。
健保組合では実際の年収ではなく、国が定めた標準報酬という収入額に料率をかけて保険料をはじき出す。
年収600万円のモデルケースの場合、保険料の自己負担分だけでもこの間におよそ8万1千円増えることになる。
医療費の約6割は65歳以上の高齢者が使う。
推計では医療費が25年度にかけ年3.7%ずつ増えると仮定。
ここ数年の傾向からすると高めの数字だが、伸び率を3.2%とした中位推計でも25年度には支援金が医療費を逆転する。
支援金の計算方法は総報酬割という仕組みに今年度から全面的に切り替わった。
それから話は変わって、青の花茶には、バラフライピー以外にもさまざまな有効成分が含まれており、辛いダイエットをしなくても自然とスリムな体に近づけると言われています。
ダイエットというのは簡単にできることではありませんし、普段していないことをすることになるため、ストレスが溜まってしまうものでしょう。
ストレスを解消するために、たくさん食べてしまうという人もいるかもしれません。
青の花茶